北の闘将

へぇす!きゃっするです。

先日、城西国際大学サッカー部の小山監督から、
きゃっするの高校時代の恩師の本をいただきました。

「北の闘将 高橋正弘」。

高校サッカー界では、知らない人はいない「名将」です。





高橋先生の功績は、今更、きゃっするが言うまでもありませんが、
北海道のサッカーを大きく変えた偉大な方です。

52歳という若さでお亡くなりになられましたが、
今もなお、グランドに仁王立ちしている高橋先生の姿を思い出します。


そんな高橋先生との思い出はいくつかありますが、
今でも心に残っているのが、きゃっするが小学校5年生の時のことです。

市内のサッカー大会を見に来ていた高橋先生が、試合後に声をかけてくれ、
きゃっするの頭をなでながら、「絶対、室蘭大谷に来いよ!」と言ってくれたのです。

その時の嬉しさと感動は、今でも忘れていません。

これがきっかけで、室蘭大谷に行く!という目標を持ったのでした。


そして、もう一つ。

高校3年生時の高校選手権北海道予選の準々決勝。(以前にも書いたかな?)

この時、高橋先生は病気療養中で試合には来れませんでした。

対戦相手は、相性が悪い北海高校。

何度かチャンスを作るものの、なかなか得点が奪えず、
逆に後半、北海高校に先制点を奪われてしまったのです。

試合時間も残り10分を切り、「俺の高校サッカーは、ここで終わるのか・・」と、
すでに試合を諦めてしまっていました。
でもその時、なぜか高橋先生の顔が頭を過ったのです。

「このままはダメだ。絶対に勝って、高橋先生を選手権に連れて行かなければ!」

その瞬間から、気持ちにスイッチが入り、
止まりかけていた足も急に動きだし、残り10分から逆転勝利を収めたのです。


色々なことを思い出しながら、「北の闘将」を読ませていただきました!!


今日の感謝・・・
北の闘将をプレゼントしてくださった小山監督に感謝!
改めて、高橋先生の偉大さを感じさせられました。ありがとうございました。

チャレンジャー
http://doda.jp/challenge/interview/

障害者のための求人・転職サービスはDODAチャレンジ



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

アスポタ

NEXTIDE

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM